東北電力健康保険組合

東北電力健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ニュースとお知らせ

[2022/03/15] 
重要 【再掲示】健康保険限度額適用認定証が必要な方へ

 

   『健康保険限度額適用認定証』の発行申請をする際はご注意を

 

 入院や外来治療で医療費が高額になることが予想され,医療機関から「健康保険組合へ『限度額適用認定証』の発行申請をして,提出してください」と言われる場合があります。

 

 これは,『高額療養費制度』の適用となるため,被保険者(ご本人)の「標準報酬月額」等により,下表のとおり「自己負担限度額」が定められてるためです。一方で,これをもとに計算した結果,自己負担限度額を超過しない場合は,「限度額適用認定申請」が不要となる場合もあります。

 

 当健保では,『限度額適用認定証』を医療機関に提出しなくても,自己負担額(保険適用の診療のみ)が30,000円を超えた場合,超えた額(100円未満切捨て)を受診月の約3ヶ月後の給与にて『付加給付』として自動的に払い戻し(申請不要)しますので,最終的な自己負担額は同じになります。

 

 なお,国や市区町村から公費負担医療等(重度心身医療費助成,ひとり親医療費助成,乳幼児・子ども医療費助成等)を受けている方で医療費が高額になる場合は,自己負担の金額に関わらず限度額認定証の申請が必要です。

 ※1:標準報酬月額は,賃金支給明細書でご確認ください。

 ※2:自己負担限度額は,月単位(入院・外来別)です。

 ※3:総医療費とは,保険が適用となる診察費用の総額(10割)です。個人負担の3割では

         ありません。

      なお,入院時の食事代や居住費・差額ベッド代は,高額療養費の対象となる費用には

         含まれません。

    

           限度額適用認定証の申請書はこちらから

           限度額適用認定証のQ&Aはこちらから

 

 

 

ページ先頭へ戻る