東北電力健康保険組合

東北電力健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

35・40歳 胃がんリスクABC検査

ピロリ菌検査と共にペプシノゲン検査を同時に行って、胃がんの前段階である萎縮性胃炎がどのくらい進行しているかを調べる「胃がんリスクABC検査」を実施いたします。
「胃がんリスクABC検査」であなたの胃がんに対するリスクの高さがわかります。

概要

対象者

年度内に35・40歳になる被保険者・被扶養者(採血当日に当組合の資格がある方)

検査項目

胃がんリスクABC検査(ピロリ菌検査)

  • ※ 「胃がんリスクABC検査」は、当組合に加入の間、1回限りの受診となります。
    これまでに郵送がん検診で「胃がんリスクABC検査」を受診された方のお申込みはできません。
    受診の有無が不明な方は、受付業務委託先の(株)サンプリ(電話 03-3549-0810)にご確認ください。

実施期間

2022年4月1日~2023年3月3日 受付業務委託先の㈱サンプリに申込み到着分まで

自己負担金

無料

  • ※1検査あたり約10,000円の費用がかかりますが、当組合で助成を行いますので、無料で受診できます。
  • ※申し込み時点で利用料金が発生します。お申込み後のキャンセル・返金はできません。
  • ※採血に失敗した場合は、検査申し込み用紙・キットは破棄せず、受付業務委託先の(株)サンプリにご連絡ください。
    また、決められた期間内に検査を実施しない場合(検査キットの廃棄による未受診など)や当組合の資格を喪失後に実施の場合、対象外の方の受診などが判明した場合は、当組合助成額(約10,000円)をご負担いただきますので必ずご利用願います。

申込方法

下記のいずれかの方法でお申込みください。

詳しくは35・40歳胃がんリスクABC検査をご覧ください。

その他

受付業務委託先の㈱サンプリでは、WEB・FAX申込みの時点で「被保険者・被扶養者」の判断ができない状況にあります。
検査後に「被保険者・被扶養者」の方ではない受診が判明した場合は、当組合助成額(約10,000円)を請求いたしますので、ご了承ください。

ページ先頭へ戻る